歯科医院向け組織活性化研修「ビタミンデイズ」

歯科医院スタッフが高いモチベーションとチームワークを発揮してイキイキと働く職場を実現する研修です。


多くの企業で活用いただいている弊社の組織活性化研修「ビタミンデイズ」は、歯科医院の職場活性化にも高い成果を発揮しています。

■歯科医院特有の組織的課題に対応

IMG_9168_R306.JPG歯科医院の組織面での特性として

  • 若い女性が多い
  • 歯科衛生士など専門職のウエイトが高い
  • 医療を通じた社会貢献的意識が高い
  • 地域に対する思いが強い
  • 社会人としての経験が乏しい

が挙げられます。

実際に、歯科医院向けビタミンデイズを開発する際には、この点を考慮し、一般企業向けとは異なるアプローチを行っています。そのうちの2点についてご紹介します。

■歯科衛生士の特性に配慮しました

ひとつ目はメンバーのモチベーションの源泉をどこに置くかです。一般の企業の場合、組織の目指すビジョンを共有した上で、各自がその達成のためにどのような貢献ができるかを考え、貢献意欲と成長意欲に火をつけます。この成長意欲が持続的なモチベーションの源泉になります。もっと成長したいという思いです。

一方、歯科衛生士の場合、一般に6年程度経験を積むと技術的に成熟してしまい、個人の技術向上がモチベーションの源泉として機能しにくくなると言われています。そこで歯科医院向けビタミンデイズでは、組織すなわち医院の成長を強く意識いただくアプローチを行っています。

歯科医院という組織の成長を考えると、個人の成長以外にもできることがいろいろあることに気づきます。その結果、ベテランの歯科衛生士であってもワクワクするビジョンを共有し、そのための主体的な貢献意欲をお持ちいただくことができます。

■社会貢献意欲に火がつきます

IMG_9370_R306.JPGふたつ目が、「医療を通じた社会貢献的意識が高い」という点です。ビタミンデイズはその組織が社会に対しどのような貢献ができるかを深く考える会議のような研修です。医療機関従事者は一般のビジネスパーソンに比べて、社会貢献意欲が高く、ビタミンデイズで自分たちにどのような社会貢献ができるかを話し合う際には、とても熱く真剣な場が生まれます。スタッフが見せる真剣な表情と熱い発言を頼もしく感じることでしょう。

■プロの力をぜひお役立てください

このように歯科医院が持つ組織面での特性を考慮してアレンジした歯科医院向けビタミンデイズは、歯科医院の活性化に高い効果を発揮しています。

多くの歯科医院では、スタッフのモチベーションやチームワーク強化のために慰安旅行やイベントを実施されていますが、仕事自体に対してしっかり動機付けを行うのは難しいと思います。スタッフが明るく真剣に仕事に向き合い、高いチームワークを発揮する医院を実現するために、ビタミンデイズをぜひお役立ていただければと思います。

 

■ビタミンデイズを実体験いただける体験講座にご参加ください

多くの方に「体験して初めてその効果が理解できた」と言われるビタミンデイズのポジティブでオープンな空気感と成果を生み出すプロセスを実体験いただくビタミンデイズ体験講座をご用意しました。組織活性化の具体策や効果的な研修プログラムをお探しの方はぜひご参加ください。

 

歯科医師の貴重な助言で実現しました

歯科医院向けビタミンデイズの開発にあたり、歯科医師の寺嶋宏曜様(医療法人メディエフ理事長・寺嶋歯科医院・院長)から歯科医院に共通する課題についての貴重な助言をいただいています。寺嶋様の熱意と高い課題意識のおかげで、一般企業と異なる歯科医院特有の課題に対応できました。

寺嶋 宏曜 様

医療法人メディエフ
寺嶋歯科医院
理事長・院長
寺嶋 宏曜 様

「スタッフ自らが、主体性を持って自分たちの職場を最高の職場に変えていく」、これがビタミンデイズです。

歯科医院向けビタミンデイズはこんな院長にぴったりです。

  • 真面目に歯科医療に取り組みたい
  • スタッフが輝いている「最高の職場」を作りたい
  • 歯科医院独自の女性主体の組織運営に悩んでいる
  • 自分がやりたいのは歯科治療であり、スタッフマネージメントではない

私は、現在、勤務医5名、歯科衛生士11名、受付・助手5名を抱える歯科医院を運営しており、組織として安定しております。しかし、ここに来るまでの道のりは非常に困難の連続でした。患者様に歯科治療を提供するために歯科医師になったのに、目の前には労務問題、スタッフ間問題など時間が取られることばかり。いい仕事したいけど、その前に解決しないといけないことが多く、勉強する時間もない。

歯科医院で働くスタッフはほぼ女性であり、どの医院の院長も、そのスタッフの雇用、モチベーション向上および維持、教育に頭を悩ませているのではないでしょうか?他の一般的な職種と異なり、キャリアアップがスタッフのモチベーションになることは少なく、さらには昇給もモチベーションに繋がるわけでもありません。たとえ昇給がモチベーションになっていたとしても、医院経営としてそれを継続し続けることは不可能です。では、歯科医院のスタッフのモチベーションを向上、維持させるのにはどうしたら良いのか?医院を活性化させるにはどうしたら良いのか?その答えを導き出すのが「ビタミンデイズ」です。

「ビタミンデイズ」は難しいものではなく、スタッフは「やらされている」という感覚を持ちにくいものです。非常に論理的でプロセスも明確で、結果に直結するものです。「スタッフ自らが、主体性を持って自分たちの職場を最高の職場に変えていく」、これがビタミンデイズです。まずはスタッフの仕事に対するマインドを変え(自ら変わる)、どのような職場が「最高の職場」なのか、その中で自分はどう輝けるのかを、一つ一つ丁寧に、院長を含め、全員で探し出して行きます。そして、組織としての目標、個人としての目標を明確にし、それに向けて取り組んで行きます。ビタミンデイズを終えたあと、自分自身の中で潜んでいた思いなどが表在化され、全員の目の色が変わっています。その後の組織活性、医院作りはスタッフに任せるだけ・・・

私は、歯科医院という独特の組織には、それにあったビタミンデイズが必要であると思っており、柳瀬氏と一緒に開発に取り組みました。歯科医院向けビタミンデイズは、悩める院長をサポートできると確信しております。

<寺嶋先生の略歴>

2005年 大阪大学歯学部卒業 歯科医師免許取得
2009年 大阪大学大学院卒業 歯学博士取得
2011年 医療法人メディエフ寺嶋歯科医院院長

<所属>

日本口腔インプラント学会会員・専修医
日本歯周病学会会員・認定医
Osseointegration study club of Japan 正会員
PEC歯科医師ペリオコース講師
Club GP 理事
大阪インプラント研究会理事

歯科医院でのビタミンデイズ開催事例

寺嶋歯科医院様(大阪府箕面市)

2015年8月26日から2日間、歯科医院では初めての組織活性化ワークショップ「ビタミンデイズ」を箕面市の寺嶋歯科医院(寺嶋宏曜院長)にて開催しました。

延べ3回にわたって行うワークショップの初回となる今回は、患者様の満足を高め続ける高い技術を持ったプロ集団として、成長の第一歩を踏み出す機会を全員で共有することを目的に、寺嶋院長様を含む全スタッフ11名が参加しました。

当社代表取締役柳瀬智雄によるモチベーションに関する講義の後、インタビューワークやワールドカフェ形式での対話(ダイアローグ)を通じて、自分たちが大切にする価値観や強みを改めて確認・共有しました。その後、真剣な議論を行い、全員が目指したい医院の姿(ビジョン)を宣言文として全員で合意・共有しました。

2日目には前日に合意した宣言文を実現するための具体的な取組みの検討を行い、実践的な3つのプロジェクトが立ち上がりました。

最初は堅かった参加者のみなさんも、ワークが進むにつれ笑顔が溢れ出し、楽しく真剣な時間をお持ちいただくことができました。仕事に対する思いを共有し、具体的な取組みに結び付いたときのすがすがしい笑顔がとても印象的でした。

<参加者のご感想>

  1. スタッフ全員で決め事ができ、その方法がすごく楽しく取り組めたので、やっていくうちに決まったという感じがすごいと思いました。本当にありがとうございました。思っていたセミナーとは全く違い、楽しく参加でき、嫌な気持ちがなく明日からの目標ができた事が嬉しいです。(30代女性)
  2. 色々頭を使って考えて疲れましたが、1つ1つ目の前のことが明確になり、楽しかったです。体験する前は何をするか分からず、不安でいっぱいでしたが、体験後はいろんな問題が明確になり、すがすがしい気分です。(30代女性)
  3. 時間が短く感じました。ルールに従って話し合うという平和な感じが幸福感とつながりました。終わった今とてもすがすがしいです。つまっていたものがすっと取れた感じ。(30代女性)
  4. すごく楽しかった。アイディアや意見を言え合える場があってよかった。キモチがいい。テンションが上がる。(20代女性)
  5. 長時間となりましたが、もしかすると時間が足りなかったのかもしれないと思う位中身が濃く、充実した時間となりました。1日半楽しかったです。何をするかわからなかった状態だったのでドキドキしましたが、進めていくうちに、皆が何を考えているのか、また自分もこんな事を考えていたんだという発見もあったので、おもしろかったです。(30代女性)

むらうち歯科クリニック様(兵庫県尼崎市)

2015年9月2日と7日の2日間、兵庫県尼崎市のむらうち歯科クリニック様(村内利光院長)の組織活性化ワークショップ『ビタミンデイズ』を開催しました。

今回は、コミュニケーションの活性化によるスタッフ間の関係性強化と、個々のスタッフが自発的に行動する、より活気あるクリニック作りを目的に、村内院長様を含む全スタッフ15名が参加しました。

当社代表取締役柳瀬智雄によるモチベーションに関する講義の後、ペアインタビューやワールドカフェ形式での対話(ダイアローグ)を通じて、自分たちの仕事に対する考えや大切にする価値観、個人やクリニックの持つ強みを改めて確認・共有しました。その後、全員で目指したいクリニックの姿(ビジョン)について深いディスカッションを行い、宣言文として全員で合意・共有しました。

2日目には前回に合意した宣言文を実現するための具体的な取組みの検討を行い、具体的な課題に取り組む3つのプロジェクトが立ち上がりました。

今回初めての取組みに、当初は戸惑いがちだったメンバーもワークを進めていくにしたがって、徐々に主体性を発揮し、一生懸命クリニックのあり方や可能性を考え、話し合う真剣な眼差しが印象的でした。

<参加者のご感想>

  1. 自分自身を振り返ることもできたし、他のスタッフの気持ちや考えが聞けた。今までこんなにも語り尽くした事はなく、ちゃんとプロセスを踏んでディスカッションをしていけば同じ方向が見えてくるんだなぁと思った。(30代女性)
  2. 2日間通して、普段医院ではあまり話せないような本音に近い話が色々な人から聞けたと思う。それぞれの人が思っていること、やった方がいい事を形にすることで、各人が意識し、取り組むスピードも格段に上がるような気がします。自分個人としても既に意識しようと思うこともいくつかありましたし、それを全体として共有できていると、よりやりやすいと思います。これを機に、医院全体として、良い方向に行く感じがしています。(20代男性)
  3. 今回2日間参加してみて、自分が意見を言わないといけないという場面になったので、初めて自分が何を考えているのか、どんな意見を持っているのか、自分と向き合う良い機会になったと思います。自分で考えて、自分で意見を出して決まったプロジェクトなので頑張れそうな気がしています。また、みんなの意見を聞いて刺激を受けた部分もたくさんあるので、互いにもっと刺激し合っていければいいなと思いました。(20代女性)
  4. 最後のほうに近づくにつれて、この2日間の構成がすごく効果的だと気づいて驚きました。今までの取り組みには圧倒的に"目的"、"なりたい姿"が欠けていたと実感しました。(30代女性)
  5. 「もっと事前から準備できていたら・・」と考えてしまいます。しかし、それも普段からいかに考えていないかということの表れだと思います。プロジェクトに関しては、これまでのトップダウンの手法が成功しなかった理由がよくわかりました。しっかりと理由や根拠になるものを伝えていなかったこと、目標そのものもぼんやりしていたと思います。ここまで全員で決めることはこの先もあまりないと思います。この2日間でみんなで決めたことを、5年後10年後も意味あるものに仕上げていきます。(30代男性)

まずはお気軽に問合せください。
もしくは公開セミナーに参加して、
その効果を体感してみてください。

公開セミナー・イベント

ビズパワーズのサービス

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

06-6948-8855

受付時間 9:30~17:00 祝日を除く月~金